10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2015.07/01(Wed)

漫画の描き方 

現在の自分のメモとして。


【More・・・】

1.ネームを描く
ネーム

まずは本当に役に立たないネームを描く。
ネームじゃないっていつも言われる。
ノートは無印の210円のB6サイズ無地のリングノートを使用。

2.枠線と吹き出しを描く
枠と吹き出し

A5のコピー用紙に枠を印字しているものに、
フリクションの黄緑色で枠線、フリクションのサインペン(黄緑)で吹き出しを描く。


3.下書きをする
下書き1

青色シャーペンでさくさく。パイロットのカラーイーノ(0.7)の水色を使用。


4.ペン入れ
ペン入れ1

下書きをペンでなぞる。
ペンはぺんてるのエナージェル0.5を中心に、エナージェルユーロ(0.35(背景用)、1.0)、
エナージェル0.7、ぺんてるのサインペンを場合によって使い分けています。


---------

左向き

向き描きにくいなーって時はトレース台も使うよ!

-------

ペン入れ終わり

で、ペン入れをザクっと。


5.取り込み

スキャナでPCに取り込み。JTrimというフリーソフトを使っています。
スキャナの設定はCanonのソフトについてきてる「画面表示」とか言うのを使っているので、
解像度は不明です。(調べときます…)

それを50%に縮小して、430×615でカッティング。


6.編集用の線画にする
取り込み

クリップスタジオで430×615のファイルを作って加工をしていく。
まずは枠線を作って、位置を決めて…

レベル補正

レベル補正をして背景を白色に。

色域選択

色域選択で緑色と水色が残っているところを選択して消去
……という手段を使っていますが、はっきり言っておすすめしません。
でも、他にいい方法が思いつかなんだ…。


白と黒の部分にはっきりわかれたら、「輝度を透明度に変換」で線画を透明に。


7.編集

もりもり編集していく作業。

枠線

枠線を切ったり、

色1
色2

色を入れたり……
色は背景用とキャラ用のレイヤを作ることが多いです。
他にも用途に応じて増えたり減ったり。

文字入れ

文字入れをしたりして、完成。
枠線の周りに色を入れたり、この上から乗算で用紙質感をかけたりします。
それはまあ、その時時によって。

で、できたのが【こちら】


こんな感じでいつも作業しています。




---------------------

【道具編】

で、いつも使用している道具がこちら。

道具

定規:無印の105円
ペン入れ用:エナージェル(0.5、0.7)、エナージェルユーロ(0.35、1.0)、サインペン(全部ぺんてる)
枠線・吹き出し:パイロット フリクションボールペン(黄緑)、フリクションサインペン(黄緑)
シャーペン:パイロット S-3(0.5、0.7)
はしっこのボールペン:ユニ シグノ極細ノック式――ネームに使ってます
シャーペンの芯:パイロット カラーイーノ(水色)、パイロット グラファイト(B0.5)
消しゴム:プラス AIR-IN、パイロット フォームイレーザー(カラー芯との相性はこっちのほうがいい気がする)
したじき:硬筆用のやつ。A4サイズ。
トレス台:サンワサプライだったと思う…。A4。
あとはモンコレとか資料に。

紙

原稿はA5サイズのコピー用紙に枠線を印刷したものを使用しています。
A5はA4の半分。A4のコピー用紙買ってきて半分にカットすれば経済的です。



スポンサーサイト
【編集】 |  23:36 |  日常。  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。